誰がAmetsubを殺したのか - エレクトロニカ進化論(仮)・序 - ツイートまとめ&増補改訂版

Ametsubを理解せしめんと。
誰が為に音は響る。。


以前あるブログでエレクトロニカがせわしないカットアップ音楽に成り下がったと書いたことがあるのだが、その瞬間にまず頭に思い浮かんだのがAmetsubというアーティストだった。だが世間的にはAmetsubこそがエレクトロニカであって広く受け入れられるべき電子音響なのだ。その点においては、僕が間違っているような気がするし、Ametsubの音楽を「せわしない」の一言で片付けてはいけないと考え、気付くと、僕は一体音楽の何を聴いているんだろう?と自問自答を繰り返していたわけだが

ところで「せわしないカットアップ」という言い回しは実はマッシュアップというDJ文化の延長にあるようなムーブメントに出くわした時に思いついたもので、その実演動画を観て、こんなものが共有されてちやほやされているのか?という嫉妬的な憤りの末に出た「せわしなっ!」という憎まれ口がそれなのだが


そのせわしなさをはっきりとAmetsubの音楽に感じたのかと問われれば、実際にそのような印象を直接受けた記憶も無く、いつからAmetsubとマッシュアップのようなものを一緒くたにしてしまっていたのかも思い出せない。図らずもAmetsubが僕にとって何らかの音響的な象徴であったことは確かなのだが


マッシュアップとエレクトロニカを「せわしないカットアップ」で結び付けてしまった一つの要因として、それらを制御しているMIDIコントローラを操作する姿にあるように思う。矢継ぎ早に様々な曲・ループをパッドに割り当てたり、リアルタイムで叩いたりする手法なのだが


そういった印象をAmetsub以降、ゼロ年代の和製エレクトロニカに持っていた。だが驚くべきことに、AmetsubはそういったMIDIコントローラの操作によるライブ演奏をしていないのである(そもそもライブを観たことも無い)。すなわち僕はAmetsubに違和感を感じたのではなくAmetsub周辺の音響ムーブメントを疑っていたことになるのだが


何故今このようにしてAmetsubにまつわる記憶を辿っているのかというと、AORというユニットのデビューEP「ONE」の宣伝文の中に「Ametsub, shotahirama 以降の電子音楽はこうなっていくのではないか」というフレーズを見つけたからなのだが


その時に、先入観を取り払ってAmetsubを聴き返してみても、私の抱いた「せわしない」という感情は強固な不理解となって脳内にこびり付いて離れなかった。いや、頭では分かっているのに体が、聴覚がそれを拒否してしまうのだ。私のゼロ年代エレクトロニカに対する不理解はアレルギーと化し、もはや指先で扱われる心地よいBGMにしか聴こえなくなってしまっていたのだが


テクノがその指先を介して脳とサウンドを直接繋いでいたのならば、それがいつのまにかテクニック化して行ったのではないかというのがその頃の和製エレクトロニカに対する見解であった。そんな状況を「エレクトロニカのフュージョン化」と言い表したのがzoo tapes主宰の佐々木秀典氏なのだが


果たしてその表現が私のせわしないという感情と一致するものなのか定かではないが、フュージョン化を経たエレクトロニカにとってネット社会の多様性やルーツを掘り下げない若者リスナーの感性は人レベルを超えた細分化を推し進めるカンフル剤であった。そして和製エレクトロニカはやがてせわしないという感情では計り切れないほどにカオス化し、テン年代に入って一つの終焉を迎えることになるのだが


そのサウンドのせわしなさはともかくも、細分化が進んで情報過多になりつつあるエレクトロニカに終止符を打ったのは、90年代すでにサイン派によるダンスビートを完成させ、テン年代を迎えてもエレクトロニカの最先端で居続けた音楽家、池田亮司である。彼はゼロ年以降あらゆるジャンルや表現手法へ飛び火して行ったエレクトロニカサウンドを半ば強引に圧縮し、再び電子ノイズに還元することでエレクトロニカをゼロ地点へ収束させたのだが


そのゼロになった電子ノイズを再膨張させ、私が抱いたせわしなさをも増幅させ、それ自体を新たなビート/グルーヴにしてしまったのがshotahiramaである。この16ビートからも解放された新たなミニマルミュージックはもはやポストエレクトロニカとしか定義できない(すなわちエレクトロニカではない)のだが


つまりはそのせわしなさ無くして新しい音響表現は生まれ得なかったということではないだろうか?私はその新たなものへの経緯のようなものを文字通りのノイズと捉えてしまっていたのかもしれない。結果的にマッシュアップがもたらすせわしなさとは似て非なるものでもあったわけだが


エレクトロニカが収束し電子ノイズがノイズ以外の音色と並列化した現在、改めてAmetsubが醸し出した「せわしなさ」が、決して文字通りのノイズではなく嫌悪の対象でもない、テクノ以降の電子音楽をエレクトロニカ以降の新たな音響世界へ導く「予兆的グルーヴ」だったということに気付かされるわけだが


今その解釈を経て再び繰り返される

僕は一体音楽の何を聴いているんだろう?

みなさんは一体音楽の何を聴いているんですか?

1日前
shotahiramaのpost punk以降 - 1.000000000000000000...の音響世界 改訂版 - NWMSC
This was posted 1週間前. It has 0 notes.

All Composed by Takayuki Niwano with Surroundly Effect Final Mode.

Not Include Next Solo Album “Beatifically” (201?)

KAWAGOE NEW SOUNDS AUDIO SOURCE LAB 2014

This was posted 1週間前. It has 0 notes.

メタフォリックのレコーディング ギター録り(庭野・佐々木) (2010)

metaphoricのinitiative sense plansの為の素材録り。
これらの音がデジタル加工され何故か90年代のアシッドハウスと化していくことになる。。

(出典: youtube.com)

This was posted 2週間前. It has 0 notes.
This was posted 2週間前. It has 0 notes.
2014.10.11 (Sat) Opal Tapes x Pacific Psychedelia Tapes x Sludge Tapes x Zoo Tapes

ochiaisoup:

image

Opal Tapes x Pacific Psychedelia Tapes x Sludge Tapes x Zoo Tapes
〜Pacific Psychedelia Tapes Japan Tour〜

OCT.11.2014
18:30PM
SOUP
FEE 2,500

Ñaka Ñaka (Opal Tapes)
Drome Grunge (Pacific Psychedelia)
miclodiet (Sludge-tapes)
steel music (Zoo tapes)
Kazuki Muraoka (Adapt Records)
Akey



zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!zoo tapes!!!!!!!!!!!!!!!
This was posted 2週間前. It has 2 notes.

All Composed by Takayuki Niwano with Surroundly Effect Final Mode.

from Next Solo Album “Beatifically” (201?)

KAWAGOE NEW SOUNDS AUDIO SOURCE LAB 2014

This was posted 2週間前. It has 2 notes.
Ryoji Ikeda(supercodex)によって1(100000…)から0へ還元された音響はshotahirama(post punk)によって再び1(1.00000…)へ増幅された。
shotahiramaのpost punk以降 - 1.000000000000000000…の音響世界 - 川越ニューサウンド KAWAGOE NEW SOUNDS
This was posted 3週間前. It has 1 notes.
無秩序、無作為の中にある自意識とデジタルテクノロジーが織りなす即興物。
ここで音響作家という作り手が従来の作曲から解放されることとなった。
そこにもはや高低域を強調し中域でバランスをとる既存のグルーヴなどは存在しない。
ノイズはノイズとしての機能を失い、ノイズ以外の音色と同等の存在意義を有する。
エレクトロニカはその時点で旧式となった。
shotahiramaのpost punk以降 - 1.000000000000000000…の音響世界 - 川越ニューサウンド KAWAGOE NEW SOUNDS
This was posted 3週間前. It has 0 notes.

shotahiramaのpost punk以降 - 1.000000000000000000…の音響世界

Ryoji Ikeda(supercodex https://www.youtube.com/watch?v=QH_nmN8dkyw)によって1(100000…)から0へ還元された音響はshotahirama(post punk https://www.youtube.com/watch?v=ZnX77eRN3FI)によって再び1(1.00000…)へ増幅された。
しかし再び生成される1はもともとの1とは全くことなる何とも抽象的な音響であった。
それはあるカラー写真画像のコントラスト数値をあげて白黒にしてしまったものをもう一度数値だけ無理矢理下げたような決して元には戻らないノイズの染みのような。
Ryoji Ikedaの近作supercodexのジャケットデザイン(http://ecx.images-amazon.com/images/I/91UwXVjeeAL._SL1500_.jpg)は作品自体を視覚化したかのように思えるが、実はこの作品以降の音響世界を表現しているのではないか?結果論に過ぎないが、今作を含む氏のDataシリーズ3部作(dataplex(http://ecx.images-amazon.com/images/I/51mNHhUOnbL.jpg),test pattern(http://ecx.images-amazon.com/images/I/51I2EMxITtL.jpg))のジャケットを並べてみるとそれぞれが次の作品を表しているように思えてくる。
つまり氏は、supercodex以降の電子音響がカオス化することを予見していた、もしくは自身の次回作でカオス化させようと考えていたと推測することが出来る。
ノイズを制御することでテクノが終焉し、エレクトロニカという新しい電子音楽が誕生してから何となく頭の片隅にあったこのカオス化というムードがここにようやく顔を出し始めた。
それは決して理路整然としていない。
無秩序、無作為の中にある自意識とデジタルテクノロジーが織りなす即興物。
ここで音響作家という作り手が従来の作曲から解放されることとなった。
そこにもはや高低域を強調し中域でバランスをとる既存のグルーヴなどは存在しない。
ノイズはノイズとしての機能を失い、ノイズ以外の音色と同等の存在意義を有する。
エレクトロニカはその時点で旧式となった。
そしてメインストリームに君臨し続けたダンスミュージックも一旦退くことになる(これは私の希望である。少なくともエレクトロアコースティックの分野においては一瞬かもしれないが文献上消失するであろう)。
テクノ同様に、それ以前の硬質なビート音楽はもれなく無感動に摂取され、生活音に取り込まれ、つまりは俗世間にまみれていく(俗世間が低俗であると言ってるわけではありません、また新しい音楽が高尚であるというわけでもありません)。
この交代劇における新しいカオスミュージックの重要な点はダンスミュージックではないというところ、さらにテクノにおけるアシッドサウンドに対してのチルアウトサウンドというように、ノイズを同じように制御しているエレクトロニカと相対関係にあるものでもないというところである。
このように音楽の歴史を踏襲するものでありながら、その流れを一度分断してしまっている点において、バロック以来の新しい音響、ハーモニーが作られたとも考えられる
しかしながらshotahiramaのpost punk、次作のClampdownはまだ完全な未知の音響/グルーヴを配したカオスミュージックとは言えなかった。意図的にであろうが、既存の音響やビートが断続的に露見されるような構成になっている。もしかしたら、そうすることによって過去の音楽から未来の音楽への移り変わりを表現しており、またそういった既存の音が素材として活用されていることも種明かしでもするかのように、あえて断片的に0から作られた1を介在させているのかもしれない。そうすることで前者の1と後者の1が明らかに異なるものだということを強調しているのではないだろうか。
shotahiramaの音楽が完全にカオス化したのはその次にリリースされたCluster(https://itunes.apple.com/jp/album/cluster/id875246113)からである。このアルバムに収録された楽曲郡は全てが同じような構成で、ノイズの道筋が似通っており、それに呼応するエフェクト効果が異なった6曲(6バリエーション)で構成されている。この構成はバッハの平均率クラヴィーア曲集を想起させる。あらゆる調に対してその和音の響きと相対する旋律を編み出し、バリエーション化したように、左記のアルバムも編まれたのではないだろうか。
ところで私はこれらの彼の作品がどこまでフィジカルにコンポーズされているのか知らない。
もしかしたら一音一音キーボードかサンプラーにアサインされて手弾きされているのかもしれない。もしそういった方法で作られているとすると話はだいぶ変わって来てしまう。ともすれば私が考えているよりずっとアグレッシブにクラブ文化に根ざそうと意図したダンストラックという可能性もある。ネット上で観れるプロモーション映像からはそういったニュアンスも受け取れる(ライブ時はオーディエンスのことを考えて既存のビートを強調させているのだろうか→オウテカ的な作品とライブの差別化)。
私の言うカオスとはあくまで作者の意図に反したコンピューターがもたらすランダム性やバグ、エラーなど人間が制御できない領域を作曲の方法論に組み込むことで生まれたエレクトロニカ以降のノイズで構成されたミニマルミュージックのことである。それらがある一定のリズム(いわゆる8・16ビート)で統制された時点でどんなに精査されたノイズで構成されていたとしても私の思う新しい音響とはかけ離れた既存のダンスミュージックになってしまう。
この論考は私の推測が多分に含まれているものであり、おそらく彼の音楽を構成するものが完全に作り手の作為的な演奏や編集におけるものではないという前提で語られているということを補足しておこう。
そしてその推測の上で、私がこれまでにレーベル設立時からリリースしてきた2枚のソロアルバムも似たような方法論を導入して制作したこともここに記しておく。
しかしながら、その2枚のアルバムは全く新しい音響作品には至っていない。なぜなら私はその方法論を楽曲のアレンジの一環として採用し、既存の音楽に風変わりな効果をもたらす事を期待していたに過ぎないからだ。その過程で幾度か新しい音響を生み出そうという試みはしたものの、決して受け手に理解されないであろうという懸念から私はその試みを志し半ばで放棄してしまっていた。
現在私はその放棄した試みで新しい作品制作を始めている。
shotahiramaの作品のおかげで、自分のやっていたことを俯瞰することが出来、受け手に理解されるような突き詰め方を模索することが可能になったからだ。
昨今の音響作家の動向を伺ってみるに、彼の作品が評価されたことで、同じような方法論を先送りにしていた幾人かの作り手が私のように再び模索を始めているように感じる。
それらがこの先、どこまで音楽として受け入れられるのか、またそれ以降の音楽にどのような影響を与えるのかわからない。
私のような無名の作家が「これは新しい音楽である」と宣言したところで、私のこれまでの作品同様、耳を傾ける受け手は微々たるものであろう。
だとしても私は彼が打開いた門をくぐり抜け、(本当に存在するのであれば)その新しい音響ムーブメントに少しでも加勢したい思いでいる。
この論考は、奇跡的に私の音楽を批評する受け手が現れてshotahiramaの作品を引き合いに出してくれた時に備えての言い訳のようなものであり、つまりは「私は今後shotahiramaをパクります。」という身勝手な宣言に他ならない。
まだ動き出して間もない音響ムーブメントであるものの、ある時期に一斉に拡散することも考えられる為、早々にこの方法論で制作したアルバムをリリースしたいところではあるが、今月新しいソロアルバムをリリースした上、自身のレーベルのリリーススケジュールの事情を踏まえると、ある程度の時差が生じてしまう事も否めない。
そこで私が考えたのは他のアーティストの楽曲のリミックスをこの方法論でエディットし、ネット上で発表するというやり方である。
頃合い良くその機会に恵まれ、先日13バージョンのリミックス(https://soundcloud.com/kawagoenew/sets/isao-seki-long-sleeping-srdy)を制作しサウンドクラウドにアップした楽曲群がそれである。
リミックスという制約のため原曲の素材を断片的に残す形になりはしたものの、それ以外は全てノイズをランダムに生み出すエフェクトシステムによる効果音のみで構成されている。
エフェクトシステムと言っても、独自性の高い複雑な装置や自作エフェクトでもなければ、新しくソフトウェアを開発したわけでもない。
出来上がった音に作家ならではの理論もなければ、これといった主張があるわけでもない。
ただただ真似事という言葉が適当であるプロセスを踏んではいるが、それ自体が私の制作論であり、主張であり続けている。
リリースしたところでたいした広報活動もせず、徹底した作品主義を貫き通す、といえば聞こえはいいがこれは私のコミュニケーション障害がもたらす社会不適合という体たらく。
天文学的な確率で誰かの耳に留まることを願ってやまない私は、近いうちに次のアルバムの為に制作した新曲もいくつかネット上で発表することだろう。
断っておくと、これらは新しい音響表現であり、新しい音(音色)ではない。
新しい音など今まで一度も生まれていない。
太古の時代から音は音であり続けている。
私たちはそのアーカイブにダイブして1や0を作っている。

3週間前

Isao Seki brand new recording audio

Surroundly Effects Edited & Remixed by Takayuki Niwano

This was posted 4週間前. It has 0 notes.
http://youtu.be/1-HU7m_Jnoc

http://youtu.be/1-HU7m_Jnoc

This was posted 1ヶ月前. It has 0 notes and a high-res version.
http://youtu.be/1-HU7m_Jnoc

http://youtu.be/1-HU7m_Jnoc

This was posted 1ヶ月前. It has 0 notes and a high-res version.

Takayuki Niwano - Elektricity full album (mp3)

(出典: youtube.com)

This was posted 1ヶ月前. It has 0 notes.
(2014-09-03 - 川越ニューサウンド KAWAGOE NEW SOUNDSから)

(2014-09-03 - 川越ニューサウンド KAWAGOE NEW SOUNDSから)

This was posted 1ヶ月前. It has 0 notes.